Quantcast
Channel: ガジェット通信
Viewing all articles
Browse latest Browse all 7382

傷みと痛みと悼みが連なる小説集『拳闘士の休息』(トム・ジョーンズ)【日刊ガケ書房】

0
0
『拳闘士の休息』トム・ジョーンズ著、岸本佐和子訳
編集部より)新連載『日刊ガケ書房』スタート。京都にある人気書店『ガケ書房』の店主である山下賢二さんに、おすすめ本、気になる雑貨、ガケ書房の日常、などを紹介してもらいます。

■「拳闘士の休息」トム・ジョーンズ著、岸本 佐知子訳(河出書房新社)

傷みと痛みと悼みが連なる小説集

著者のトム・ジョーンズは、ボクサーあがりの兵隊経験者で
この優れたデビュー短編集(O・ヘンリー賞受賞)には
私小説的な経験値の高い話がギチギチに詰まっている。
戦争を通して描かれる生死に関わる切実な話に
人間の限界とその限界を超えてしまった状態について思いがおよぶ。
<痛みをともなう死に様>や、<発狂との境目>といった未知の領域に
想像力が追いつけるようにその痛みが忠実に描写されているのだ。

普通に暮らしていると、絶対に思い描けないであろう
疑似体験としての強烈な鈍痛が読書中に身体を襲ってくる。
もしかしたら心の中にも傷がついてしまうかもしれない。
でもそれは、一つの限界を知った者だけが得られる
<他者への優しさ>が芽生える傷口なのでどうか安心してください。

(『ガケ書房』店主 山下賢二)


●この本について
書名:拳闘士の休息
著者名:トム・ジョーンズ著、岸本 佐知子訳
出版社:河出書房新社


●『ガケ書房』について
店名:ガケ書房
所在地:〒606-8286 京都市左京区北白川下別当町33
電話:075-724-0071
ウェブサイト:http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/ [リンク]
ここにはその目的の本はありません。
しかし目的外の面白い本があります。
内観2

■関連記事
新しいみやげもの工芸品作品集『画賊の日本みやげ』【日刊ガケ書房】
頭蓋骨コレクターが撮った写真集『スカル』【日刊ガケ書房】
デモ? 暴動? 喧嘩? 祭り? いやそれが…。『Shrove Tuesday』(Keijiro Kai/甲斐啓二郎)【日刊ガケ書房】


■著者データ
ガケ書房
ウェブサイト: http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/
TwitterID: gakeshobou
ガケ書房

Viewing all articles
Browse latest Browse all 7382

Latest Images

Trending Articles



click here for Latest and Popular articles on Intel Technologies


Latest Images