Quantcast
Channel: ガジェット通信
Viewing all articles
Browse latest Browse all 7382

【新刊レビュー】子どもの頃のあの切なさを思い出す――『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に』

0
0

TOP

新刊レビュー『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に』
書誌情報

どんな本?
コスモスという宇宙は終わらない――。前作『愛しのインチキ・ガチャガチャ大全』にて、80年代に少年期を過ごした人々に、苦笑と郷愁、さらには畏怖すらも呼びさましたガチャガチャメーカー「コスモス」。前作に収録しきれなかったワッキー貝山氏の無尽蔵とも言えるコレクションを1000点以上掲載するのはもちろん、多くの元コスモス社員の貴重な証言により、謎多きこのメーカーの姿を再び追う! 

読みどころ

80年代子どもカルチャーを風靡した『コスモス』のガチャガチャの景品たちの図鑑。
巻末には、“ロッチ事件”の真相など、当時を語る元『コスモス』幹部の話が掲載されている。
一見ガラクタのようにしか見えない、切ないおもちゃの数々はツッコミどころ満載。
今にして思えばくだらないものに心踊らされた、子どもの頃の思い出す本。

レビュー

オススメ度:★★★☆☆
読了時間:約2時間

筆者は平成生まれである。というわけで、『コスモス』のガチャガチャを目にしたことはまったくない。“ロッチ事件”というのも初めて聞いた。しかしながら、「似たようなセコいまがいもの、あったよなー」と、なんだか懐かしさがこみ上げてくるおもちゃの数々に、ついつい引きこまれてしまう。

いつの間にやら、「これなら当たりと思ってもいいかな……?」と選別しながら、ひとつひとつ丁寧に眺めてしまった。すべてのおもちゃに解説がつけられており、それもまた哀愁を誘って秀逸。

ガチャガチャはあまり馴染みがなかったので、祭りや行楽地でよく出ていたクジ引きのハズレや、寂れたゲームセンターの景品を思い出す。どうしたってガラクタにしかならないハズレおもちゃに、一生懸命価値を見出そうとしたあの頃。今の子どもたちは、こういったおもちゃを手にしたことがあるのだろうか。あの切なさは、大人になるための重要なスパイスだったように思う。

巻末にある“インチキ・ガチャガチャ”の世界にはまりこんだ大人たちのインタビュー記事も、何やら後ろ暗さが漂っていて興味深い。読了後は、当時のことを調べてしまった筆者であった。

詳細情報

書籍名:素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に
著者:ワッキー貝山、池田 浩明
価格:1800円(税別)
出版社:双葉社

※表紙画像は双葉社公式ホームページより
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-30712-2.html[リンク]


Viewing all articles
Browse latest Browse all 7382

Latest Images

Trending Articles





Latest Images